ページ

2018年11月30日金曜日

東中学校区ソフトバレーボール大会




  午後五時半から、東中学校区の先生が一堂に集まり、ソフトバレーボール大会をおこないました。1チームに3校の先生方が混じって入って、親睦を深めながら、楽しくできましたが、やはり勝負なので真剣です。とても良い交流の場になりました。

地域からの贈り物




  教育委員会からの紹介もあり、地域の方が菅原小で飼っているうさぎのために、えさと牧草を届けていただきました。お礼もしっかり言えずに申し訳ありませんでした。大切に使わせていただきます。地域の中の学校、地域に感謝です。

5年生お別れ会




  5年生がクラス対抗お別れ全員リレーを行いました。5年生の一人が急に転校することになり、思い出に5年生全員で温かく彼を見送りました。最後は全員で写真を撮りました。本校に来たときは日本語が苦手でしたが、今は日本語をかなり覚えて、算数は苦手な友だちに教えるくらいになっています。新天地でも、彼がさらに成長することを祈っています。

芸術鑑賞会




  3・4時間目、芸術鑑賞会が行われました。PPP(パーカッション・パフォーマンス・プレイヤーズ)の方々が来校され、いろんな打楽器や体を使ったパフォーマンスが繰り広げられました。全国で年間100回ほど公演をされているとのことでした。子どもの発達段階に合わせたプログラムで、聞くだけではなく、一緒に楽器を演奏したり、声を出したり、ダンスをしたり、たくさん笑わせたりと、飽きさせない工夫がたくさんあり、さすがプロだなと感じました。最後は色紙までいただきました。玄関に飾ってありますので見てください。6年生のお礼の言葉も立派にできました。終わった後は、「サインがほしい!サインがほしい!」と大変でした。芸術の秋、いいものに触れることができたひとときとなりました。

2018年11月29日木曜日

愛川東中学校区3校合同学校保健委員会




  午後3時半から、3校合同の学校保健委員会が行われました。内容は「自傷・自殺への対応」というもので、横浜の児童精神の専門の先生からのお話でした。練習問題を交えての講演だったので、とても考えさせられました。3校の先生だけでなく、評議員、主任児童委員、民生委員、保護司さん等、地域の方もたくさん来られて総勢約140人の方に集まっていただきました。命は一つ、今日の研修で得たことを今後の学校生活の中に最大限いかしていきたいと思います。

4年生携帯教室




  5校時、4年生対象の携帯教室が行われました。携帯は便利ですが、使い方を間違えると、被害者にも加害者にもなります。フィルタリングをつけるようご指導をよろしくお願いします。残念だったのは、親子レクと一緒でなかったのか、保護者がどなたも来られなかったのが残念です。来年度も、行う予定ですのでよろしくお願いします。

1年生道徳研究授業




  1年生は2日間連続での研究授業です。厚木愛甲地区の道徳部会の先生方が来校され、授業を見られました。「はしのうえのおおかみ」という作品で、おおかみの気持ちの変容を考えるお話です。デジタル教科書を使ってお話を聞き、おおかみはうさぎが通ろうとするといじわるして通させません。しかし、熊が橋を渡ろうとしたら、態度を変えさきに渡って下さいと言います。熊は「大丈夫だよ、こうすればいいよ」と言って、おおかみを持ち上げて、180度回転し橋を渡らせます。次からうさぎが通ろうとすると、おおかみは持ち上げて橋を渡らせます。ざっというとこのようなお話です。
 最初の気持ちと最後の気持ちを「心メーター」を使って子どもたちは表し、その理由も言います。ペア学習でその理由もきちんといえたし、全体の前でも発表できました。みんなげ元気良く発言していました。昨日の動作化の生かし方についても、生かされていた授業になっていました。「心メーター」は子どもたちにとって分かりやすくて良いですね。放課後、先生方が集まって、参考点、改善点について真剣に話し合っていました。教員はこのように、学び続けます。

高学年ドッジボール大会




  ロング昼休みに高学年ドッジボール大会が運動委員会主催で行われました。5年対6年という対決が多かったですが、学年関係なく本気でぶつかり合っていました。みんないい顔してプレーしていました。運動委員会のみなさん、お疲れ様でした。


 

1年生国語




  1年生の国語「くじらぐも」です。くじらぐもに乗ろうと動作化しています。臨場感を持たせるために、綿で作ったくじらぐもがとても有効です。「どこが良かったかな?」、「アドバイスは?」の先生の質問にも、きちんと答えていました。子どもたちもこの作品が大好きで、どっぷりつかっているようです。


 

2018年11月28日水曜日

1年生校内研修会


  今日の午後、1年生の校内研修会が行われました。5時間目は授業参観、放課後は授業研究全体会を行いました。単元は「くじらぐも」です。動作化をして読みを深めるという授業でした。動作化と音読をどう繋げていくかという課題について、話し合いました。今回も、元大学教授で国語のスペシャリストの先生をお呼びして、ていねいな指導助言をいただきました。最後に「教員は盆栽!」それはなぜか?「菊(聞く)と松(待つ)」が大切だからと話されて、この二つがきちんとできていない私は、凡才と思いました(笑)。我々教員は、これからも学び続けます。

 

2018年11月27日火曜日

職員親睦 ソフトバレーボール練習




  今日の放課後に、職員親睦でソフトバレーボールの練習をしました。2コートで先に練習し、その後、1コートを使って交代しながら3試合行いました。先週に続いて練習は2回目ですが、やはり先生方は、運動神経がいいのか、かなりラリーが続き、どの試合も接線で大変盛り上がりました。汗をたっぷりかき、今はまた切り替えて仕事モードです。激務の中ですが、たまにみんなで汗をかくって気持ちがいいですね。なかよし菅原軍団の一コマでした。

5年生保健




  5年生保健の授業です。事故とケガの原因は、「自分の行動」と「環境」によるものが大きいという授業でした。ICTによる視覚化を取り入れながら、考えさせる授業でした。5年生も活発に意見を出していました。この保健の授業を通して、「命は一つ」、「自分の命は自分で守る」ことを意識して、これからも自分の命も、他人の命も大切にできる人になってほしいです。交通事故等に気を付けて、生活しましょう。

4年生合同体育




  4年生は2クラス合同で体育を行いました。授業の最初の導入で、グループを作って馬乗り競争をしました。一度馬が落ちるとやり直しです。みんなで協力しないと前へ進みませんが、一生懸命声かけしながら、頑張っていました。後半は、ペアになって縄跳びの練習をしました。交差跳びに苦戦した子どもたちもいましたが、楽しくできました。

給食委員会ワゴン調べ




  給食委員会ワゴン調べを主体的に行っています。今週5日間、①よく食べているか、②ゴミの整理がされているか、③はしやスプーン等、同じ向きにそろっているか、④食器やおぼんに、食べ物やゴミが残っていないか、の4点を調べます。きちんとできたクラスには後日、表彰状が渡されるとのことです。どの項目も大事だし、全クラスで協力して頑張ってほしいです。個人的には、ご飯粒のついている食器を見ると悲しくなります。そこは親に厳しくしつけられたからです。今の子どもたちはどうでしょうか・・・。結果が楽しみですが、今週だけでなく、これからもずっと意識して、ワゴンをきれいに使ってほしいです。

2018年11月26日月曜日

今日は青森県の郷土色




  今日の給食には、青森県の郷土色「せんべい汁」が出ました。食を通して、日本の地域と触れ合えることができます。だしがしみこんだ南部せんべいの食感はもちもちして、とても美味しかったです。次は、どんな郷土食が食べられるか、楽しみですね。