ページ

2018年8月30日木曜日

夏休みの研修⑨




今日の午後から、道徳の教科書会社の方をお呼びして、デジタル教材の使い方や評価について、後半は道徳推進教師から教材づくりについてとその教材のストックの仕方を具体的に教えてもらいました。即実践につながる研修で、2学期の道徳が待ち遠しいです。

2018年8月29日水曜日

夏休み中の研修⑧







 今日の午後から、「菅原かがやけ研修会~SKS研修会~」(先生の先生による先生のための研修会)が行われました。文字通り、本校の先生が、講師役になって先生方の前で教えていく研修です。
 1校時は若手3人衆の講話でした。それぞれが自分のポリシーとしていること、ストレス解消法、学級経営で大切にしていること、授業で使える小ネタ等のお話がありました。若手も大変前向きで勉強熱心でたいしたものだと感心しました。
 2校時目はアレルギー対応でエピペンを実際に打つ研修をしました。初めて打つ練習をする先生方も半分近くいて、緊急の場合でも、しっかり対応できるように真剣に研修しました。
 3校時目はプログラミング教育の研修でした。視聴覚担当が、わかりやすくプログラミング教育の基礎から、使い方までのお話でした。後半は実際、パソコンをさわって楽しみました。
 4校時目は、2020年に学習指導要領が変わりますが、夏の研修会(教科・領域)で聞いてきた先生方による講話でした。大切なポイントを聞き逃さないようにチェックしました。
 今回初めて行いましたが、まだまだ力のある先生は本校にたくさんいて、いろんなお話を聞きたいです。これからも、時間のあるときに、先生方に講師をお願いし、自前の研修をしていきたいです。

夏休み中の研修⑦




今日の午前中、不祥事防止研修会の後、PC研修会が職員室で行われました。ノートパソコンの校務支援システムの使い方についての説明がありました。業務改善、働き方改革につながればと思っています。

夏休み中の研修➅




今日の午前中、県央教育事務所の指導員の先生をお呼びして、不祥事防止研修会を行いました。県教育委員会としては、不祥事防止が喫緊の課題となっています。不祥事には、パワハラ、セクハラ、体罰、個人情報漏洩、金銭の問題、飲酒運転、交通事故等がありますが、公務員としてきちんと守らなければなりません。研修会では、ストレスチェックをしっかり行い、ストレスをためないこと、または組織として風通しの良い職場になる事が大事というお話がありました。家庭や地域の信頼を失わないようにように、身を正して、二学期に臨みたいと思います。

2018年8月28日火曜日

清掃準備



2学期の準備が着々と進んでいます。清掃の方も、子どもたちが自主的に、気持ちよく掃除ができるように、まずは用具の点検です。9月からは、1学期同様ていねいに使ってくださいね。

牛乳パックがトイレットペーパーに



1年間、給食後に洗ってきれいに乾かした牛乳パックが回収され、教育委員会から25ロールのトイレットペーパーになって戻ってきました。貴重な資源ですね。教育委員会のみなさん、ありがとうございました。大切に使わせていただきます。

夏休みの研修⑤



今日の午前中は、町役場において「毛筆指導の基礎・基本」と題して、テレビでもおなじみの横浜国立大学の先生に書写の指導法をていねいに教えていただきました。本校からも12名の先生方が参加しました。前半は新学習指導要領の「書写」についての講義を聞き、後半は受講者が子ども役になって実際に筆を使い、講師が書写の授業を行う形式で指導をしていただきました。考えながら書いているうちに、どっぷり講師の魅力に引き込まれていました。カリスマ講師は違いますね。さて、2学期からの書写の授業が楽しみです。

2018年8月27日月曜日

外国語教育研修会



 今日の午後は、愛川東中学校区の外国語教育研修会が行われました。愛川東中の英語専門のの教員と中津小・菅原小学校の全教員が参加しました。2020年度から新学習指導要領全面実施され、5・6年生の英語が教科化されます。愛川町は先行実施で、来年度から3・4年生が年間35時間の外国語活動、5・6年生が年間70時間の英語が行われます。5・6年生は来年度さらに20時間の英語の時間が増えることになります。
 研修では、最初は緊張気味でしたが、後半になるにつれて意欲的な面が出てきました。今後も研修を積んで、子どもたちの前にしっかり立てるようにしていきたいと思います。

2018年8月26日日曜日

親子カヌー教室④



 予定では、午後3時終了でしたが、午後4時までゆったりと楽しみました。「こんなに暑くて良い天気は今までなかった」と役員の方がおっしゃっていました。子どもたちにケガや体調を崩した子もいなくて良かったです。朝早くから準備、そして当日の運営、片付けまで、スクラムパパのみなさん、ありがとうございました。また、かき氷やスイカの差し入れ、ありがとうございました。子どもたちだけでなく大人たちも童心に戻って、楽しむことができました。たくさん親子で触れ合えました。
 さて、一週間後はいよいよ2学期がスタートします。今日も子どもたちの笑顔がたくさん見ることができましたが、2学期も、子どもたちの笑顔あふれる学校づくりに、全職員一丸となって取り組んで参りますので、よろしくお願いいたします。

 P.S.菅原小のスクラムパパの存在はすごいです。自分の子どもが菅原小にいなくても、「菅原っ子」のために、、「学校の応援団」として一生懸命サポートしてくださっています。本当にありがたいですし、まさにコミュニティ・スクール推進校として自慢できる存在です。これからも、多くの方に加わっていただき、「笑顔あふれる菅原っ子」のために、更なる飛躍に期待したいです。

親子カヌー教室②



今年度は、役員を入れ約100人が集まり、昨年度の2,3割増しになっています。準備体操をし、いよいよドキドキワクワクの研修がスタートします。

2018年8月25日土曜日

親子カヌー教室③

午後になってからは、風も弱まり絶好のカヌー日和です。午前に体で学んだことを生かして、午後はスムーズに進行しています。役員の方も、子供達でできることは、口を出さず手伝わず、失敗を通しながら、極力子供達で考えさせ行動させています。とてもいい光景です。我々教員も学びのあるカヌー教室です!

親子カヌー教室①

今日は毎年恒例の親子カヌー教室がスクラムパパ主催で行われます。朝早くから役員の皆さん、ありがとうございます。宮ヶ瀬ダムはいい天気です。風が強いのが気になりますが、ケガのないように親子で楽しみたいと思います。

2018年8月10日金曜日

「第14回六倉区民展」開催と作品募集のお願い



六倉区長さんから校長宛に、依頼文書がありました。
内容は、「第14回六倉区民展」開催と作品募集のお願いになります。六倉区在住の子どもたちの作品を提供していただけないかという依頼です。写真、書道、絵画、イラスト、ポスターなど手作りの作品を募集しています。作品の持ち込みは、10月21日(土)と26日(金)の13時からです。積極的に参加しましょう。

樹木伐採



今日の午後、大変暑い中ですが、教育委員会の方が来校され、正門横の大木をたくさん切っていただきました。続きは月曜日にされるとのことですが、大変ありがたいです。我々がなかなかできないことを、教育委員会の方にサポートしていただき感謝しています。

また、明日11日から16日(木)までは、学校閉庁日となり、学校には日直がいません。何かありましたら、教育委員会まで連絡をお願いします。

2018年8月8日水曜日

夏休み中の研修④



昨日の午後からは、思考ツールを活用した「主体的・対話的で深い学びを実現する」をテーマに、文部科学省視学委員で國學院大学教授の先生がお話されました。2020年に改訂される新学習指導要領のポイントである「主体的な学び」、「対話的な学び」、「深い学び」とは何かをを具体的に示し、資質・能力の3つの柱を「つなぐ・つながる・つなげる」のキーワードで捉え、各教科の授業を思考ツールを使って考え実践するお話でした。初めて聞く話だったので、とても新鮮で、わかりやすく、講師も講話になれていて、お話がとても上手でした。様々な思考ツールを教員が活用することにより、学びの質がより深まると思いました。教員の授業力があがるように、これからも研修は続きます。

夏休み中の研修③



昨日の午前中は、元筑波大学附属小学校教諭で現在桃山学院大学教授の先生が、「たしかな読みの力を育む、物語の授業づくり」をテーマに、国語の物語文の読み取り方、考え方を学びました。全国をあちこち回っていられる大変お忙しい先生ですが、毎年、本町に来て熱心に指導をしていただいています。今回も、楽しく、わかりやすく指導をしていただき、あっという間の2時間でした。本校からも管理職を含め8人の先生方が、自主的に研修に参加し、自分の国語の授業力をあげようと熱心に学びました。夏休み中も、教師は学び続けます。

2018年8月7日火曜日

夏休み中の研修②



8月4日(土)の午前中に、アミューあつぎで、愛名やまゆり園主催のふれあい映画会がありました。「みんなの学校」というタイトルで、大阪のある小学校の1年間の子どもの様子、先生たちの葛藤の様子等を描いた作品でした。「全ての子どもに居場所のある学校を作りたい」、「学校が変われば、地域が変わる、そして社会が変わっていく」といった強いメッセージが入っていた、愛ある暖かな作品でした。機会があったら、本校の先生だけでなく東中学区の先生方、、家庭や地域の方にもぜひ見ていただきたい映画です。「まだまだ教員として頑張らなければならない、子どもたちに何度裏切られようが、信じて愛ある指導を繰り返そう、いつかわかってくれる!」という気持ちになりました。この作品に触れ合えてとても良かったです。

2018年8月3日金曜日

夏休み中の研修①




















夏休みとはいっても、先生方はいろんな研修に参加しています。その一つですが、7月31日(火)午後から、清川村のせせらぎ館で、愛川町・清川村の先生方を対象に、人権教育研修会が行われました。講師はシンガーソングライターの玉城ちはるさんで、テーマは「いのちの参観日」でした。24歳から10年間、いろんな国の子どもたちを引き取りながら生活をし、その中で学んだ多文化共生のお話でした。「日本で当たり前だと思っている慣習も、国によっては全く意味が違う、だから話さないといけない、分からないときは、分かりたいとハッキリ相手につたえよう。」という言葉が印象的でした。また、「優しさ貯金ゲーム」とは、相手と手をつなぎながら、「相手に直してほしいこと」、次に「大好きなところ」をお互いに伝え合い、最後に、「ありがとう」、「ごめんなさい」、「だいすき」を目を合わせながら話して終わるゲームが印象的でした。ぜひ、ご家庭でもやってみてください。恥ずかしいかも知れませんが、終わった後は温かい気持ちになると思いますよ。

廃棄物品回収



1年間教育活動をして、8月1日(水)の午後から、教育委員会の方が来られて、この1年間で出た多くの廃棄物品を回収していただきました。職員も手伝いながら、「この量はどう見ても、無理だろう」と思っていましたが、上手く積むことができ、一回で運べました。暑い中、教育委員会の方に感謝です。

サマースクール最終日



7月25日(水)~8月3日(金)今日まで、サマースクールが行われていました。2学年から6学年までと日本語教室です。学年の先生だけでなく、学年外の先生方も手分けをして、基礎基本を中心にていねいに子どもたちを指導していました。一日2時間の学習ですが、これからの夏休みと二学期の学習につながってくれたらと思います。参加した子どもたち、暑い中、よくがんばったね。先生方もお疲れ様でした。

授業研究



昨日、教材研究の後、3人の若い先生たちの授業研究を行いました。

テーマは「習得した知識や技能を活用して、児童が主体的に課題解決を図るように工夫された授業」です。

見ている先生たちは子ども役で、子どもになりきって手を挙げて答えます。

そして、10分間の授業の後に、上記のプリントに書き込みます。3人の授業が全て終わったときに、プリントを授業者に渡しながら、それぞれ議論を深めていました。

聞いていると、「この教材は、子どもにとってワクワクする教材なので、少し考えさせてから全員に配った方がいい」
「教師が説明しすぎず、子どもたち自身にもっと考えさせた方がいい」
「黒板に教材を掲示する配置を工夫し、子どもたちにも授業の流れがわかるようにした方がいい」
「個別指導の声かけはいい」
・・・など、先生方から厳しく優しい意見をたくさんぶつけています。

プロ教師は、夏休みも熱いですね。若い先生は先輩の意見を謙虚に受け止め、メモしながら、次のステップに向けて頑張ります。なんだかんだいって、3時間近く議論し合いました。若い教師もへこたれずに、頑張っています。子どもたちに、わかりやすい、全員参加できる、楽しい授業になるように、これからも教員は学び続けます。

例えば写真の先生は、同じ授業をもう6回くらいやっています。
試行錯誤を何度も繰り返し、良い授業の大原則をこうして身につけていくのです。

2018年8月2日木曜日

教材研究



今日午後から、先生方が集まって、国語の教材研究を行いました。11月に地区の研究会がありますが、どんな授業にしたら良いかを、先生方で熱く議論しました。菅原小の先生たちは、夏休みも分かる授業になるよう、勉強しています。