2018年6月15日金曜日

授業力向上




今日の3時間目は、5年生の国語の授業でした。「千年の釘にいどむ」という単元で、本時の目標は「『まとめ』を読み取り、筆者や職人の伝えたいことを考えよう。」です。子どもたちは、大切だと思う言葉に線を引き、ペアで話し合い、筆者が何を伝えたいかを考え、プリントにキャッチコピーや薦める文を作成しました。一人一人が自分で考え一生懸命まとめていました。授業を通して、子どもたちの読み取る力や表現する力が育ち、学力が向上するよう、まずは全職員で授業を見合いながら、授業力向上に取り組んでいます。